新たな自分でいっぱいにするよ

感想は自分のためのエンターテインメント

2020年エンタメメモ

今年は舞台現場以外もカウントしてます。

舞台・ライブ等

1月

・1/18昼:ミュージカル『テニスの王子様』全国大会 青学vs立海 後編(多賀城市民会館 大ホール)

・1/19夜:ミュージカル『テニスの王子様』全国大会 青学vs立海 後編(多賀城市民会館 大ホール)


2月

・2/16昼:ミュージカル『テニスの王子様』全国大会 青学vs立海 後編(TOKYO DOME CITY HALL

・2/16夜:ミュージカル『テニスの王子様』全国大会 青学vs立海 後編(ライブビューイング)

・2/24:THE RAMPAGE LIVE TOUR 2020 “RMPG”(三重県営サンアリーナ

・2/25:髑髏城の七人~Season月《上弦の月》(映画館)

・2/29:あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE - 3rd Tour “Double Star!”- Blu‐ray&DVD発売記念 応援上映会【Ver.DEEP】(映画館)


3月

・3/3:髑髏城の七人~Season月《下弦の月》(映画館)

・3/9:修羅天魔~髑髏城の七人 Season極(映画館)

・3/23夜:アナスタシア(シアターオーブ)

映画

※映画館で観たものに限定

1月
涼宮ハルヒの消失
アナと雪の女王2

3月
ジョジョラビット
・貴族降臨 PRINCE OF LEGEND

展覧会等

1月
ハプスブルク展(国立西洋美術館

エリックサウスマサラダイナーのモダンインディアンコースを食べた

以前からその評価の高さでたいへん気になっていた、エリックサウスマサラダイナーのモダンインディアンコースを食してまいりました。
enso.ne.jp

わたしは幼少のみぎりよりバーモンドの甘口とバーモンドの中辛のミックスで育てられ、ほんの2年程前まで外でカレーを食べることが出来なかった(辛いと困るので)、最近はカレー屋のマイルド表記は美味しく食べられるようになったくらいの辛いもの・苦手・パーソンです。
以前同店で食べたランチの鯛だし黒胡椒カレーは「辛い>おいしい」でした。
今回予約する前もひたすら「モダンインディアンコース 辛い」「モダンインディアン 辛い 苦手」で検索をかけましたが、辛さの話をしている人はあまりいませんでした。そもそも辛いもの苦手な人間が南インド料理を食べようとすること自体がね、チャレンジングではありますよね。

それでもどうしても食べたくて行った結果メチャ美味しかったし、辛いものが苦手だけどモダンインディアン気になるな〜という人の参考になるかもしれないと思ったので記録しておきます。
グルメな人々の繊細で語彙力に富んだ素敵なレポはTwitterとかにいっぱいありますので、検索してみてください。

総評を先に述べると、「美味しい、量が多い、一部辛い」です。

コースの内容は2ヶ月ごとに変わります。
今回わたしが食べたのは「春のモダンインディアンコース」です。
f:id:seigakupost:20200307233429j:plain


メニュー開発者であるイナダさんの解説はこちらのツリーにあります。


以下わたしの感想です。

1品目:アルーティッキ ピエタングロワ バナナのキャラメリゼ

f:id:seigakupost:20200304233940j:plain
このフレッシュチーズがめちゃくちゃ美味しかった! コースすべての中で1番好きな味かもしれない……。
アルーティッキはインドの芋餅だそうです。サクサクもちもちで後味がピリ辛。美味しい。
キャラメリゼされたバナナ(ナスに見えるけどバナナです)もトロトロで甘い、美味しい。
このバナナとチーズを合わせるとドリアン感が出るそうですが、ドリアンを食べたことがないためそれは分からなかったです。同行の友人がドリアンを食べたことがあると言うので「どう?」と聞いたところ、「うーん、バナナとチーズ」と即答されました。好きだ……。

ロティとりんごバター

f:id:seigakupost:20200307232425j:plain
パン枠。写真を撮りそびれたので食べかけですみません。
ケバブの皮みたいな感じで薄いけど、サイズはピザくらいあり、折りたたまれて紙袋に入った状態で提供されます。これに塗るりんごバターが美味しくて、めっちゃハッピー!になりました。
おかわり自由なのですが、最終的にコースの分量が胃の許容量を超えていたためおかわりどころか1枚完食することもできませんでした。かなしい。

2品目:赤海老のギーローストドーサ

f:id:seigakupost:20200305185132j:plain
これがまた美味しい〜〜〜!
クレープだ!と思ったら「ドーサ」という名前だそうです。パリパリの食感が楽しくて美味しい。海老のカレーがまた美味しい。アスパラも美味しい。これは辛くないカレー!

3品目:カリフラワーの石窯ローストとそら豆のボッタ

f:id:seigakupost:20200306000503j:plain
メニューを見た時に1番楽しみにしていたもの! カリフラワー大好き。
何となくカリフラワーがペーストでそら豆が固形のイメージでしたが、逆でした。「ボッタ」がマッシュされた料理を指すらしいです。
これ自体は辛くないけど、お皿にまぶしてある香辛料をうっかり多めに付けちゃうと辛かったです。

4品目:黒アンガス牛リブ芯のケララビーフステーキ 新玉ねぎのローストとマサラサワークリーム

f:id:seigakupost:20200306001203j:plain
メインそのいち。
分厚いのに意外と柔らかいガッツリ牛肉と、スッキリ爽やかなサワークリームのバランスが良くて美味しい〜。玉ねぎ苦手なんですけど、この玉ねぎは美味しかったです。新玉ねぎだから?
メニュー開発者のイナダさんが「いいお肉です!」と断言してらっしゃるんですけど、本当に美味しかったです。翌日以降もしみじみ美味しさの記憶を反芻しています。でも普段いいお肉を食べつけてないので完食する頃には結構ウッとなりました。
というか、もうこの時点で9割満腹でした。このままデザートでピッタリ丁度いい。この次まだメインあるの!?

5品目:二種のマトンローガンジョシュ スペシャルターリー

f:id:seigakupost:20200306002324j:plain
ご飯の量は大・中・小から選べます。大サイズでランチのカレーに出してる分量くらいらしいです。
お腹いっぱいなので当然小を頼みましたが、それでもかなりつらくて、何とか食べられるだけ食べて残りは申し訳ないけど下げていただきました。カレー・お肉・お米のガッツリ感が満腹の胃につらかった。あと結構辛いです。ラッシーを追加しました。
画像左のカレーがクラシックなマトンカレーで、真ん中が現代風だそうです。現代風の方が好きでした。
野菜の炒め物はシャキシャキした食感を想像していたけどホクホクしていて意外でした。好きだったのでもうちょっと食べたかったな。

6品目:アーモンドキールとイチゴのコンフィチュール パフェ仕立て ココナツのチュイル添え

f:id:seigakupost:20200306211034j:plain
デザート!
液状のものなのでこれは何とか食べられた。アーモンドがいっぱい入っていてプチプチした食感が楽しかったです。
ココナツクッキーは固めの丸ぼうろ(※佐賀名物)って感じ。固形物を咀嚼するのがつらかったので、一口だけ齧ったあと紙ナフキンに包んで持って帰りました。
ja.m.wikipedia.org

飲み物はチャイと紅茶?で選択できました。多分紅茶だったと思う。即答でチャイにしたので記憶が曖昧です。グラスを入れるカゴが可愛い。インドアイテムなのかな。
f:id:seigakupost:20200307231631j:plain



以上!
美味しかった〜〜〜けど超満腹になりました。きつかった。
わたしも友人も5品目で完全にキャパオーバーだったので、お皿を下げていただく際に「他の方は完食されるんですか?」と聞いたところ、結構な割合の人がご飯を大にした上で完食しているとのことでした。(大だとランチと同量のご飯量のはずなのに、何故……)
事前に連絡すれば量を減らしてもらうこともできるみたいなので、次行くならそうしていただこうかと思います。それかメインが1品少ないレディースコースみたいなのもあったら嬉しいな〜。

2019→2020

日記です。
今更去年の話?という感じですが、まだ昨年の振り返りをしてない以上、今が最も去年に近い瞬間なので、現状では今書くのが最も適切なのである。


振り返ってみると昨年はわたしにとってのLDH YEARだったように思います。「PRINCE OF LEGEND」ではじまり「HiGH&LOW」で終わりました。
年初は2018年秋に放送された「PRINCE OF LEGEND」のドラマ版にどハマりして2019年2月の映画先行上映+PREMIUM LIVE SHOWまでを駆け抜けました。
年末は2019年10月に公開された映画「HiGH&LOW THE WORST」により2年ぶりにHiGH&LOW熱がぶり返して以降延々とハイローの話をしていましたし、LDHカウントダウンライブのライブビューイングで年を明かしました。
それまでDVDやライビュで観たことはありましたが、2月が初めてのLDHの現場でした。そういう意味でもLDH YEARです。ライブと名のつくものは自主的には「ミュージカルテニスの王子様 DREAM LIVE」しか行ったことがありませんでしたが、すごく楽しかったです。ライブ自体の楽しさにも目覚めました。
フラッグを振るという経験を初めてしましたが、フラッグめちゃくちゃ良いですよ。軽いし握りやすいし高く手を上げずとも見栄えのする高さで振れるしパタパタするぶん振りがいがある。安いし電池が切れないし保管する時も場所を取らない。良いです。
lookmusical.hatenablog.com
lookmusical.hatenablog.com
lookmusical.hatenablog.com


また、2月にはテニスの王子様研究発表会に参加させていただき、自分の書いたものが冊子になる、自分の考えたことを人に受け取ってもらうという経験をしました。よく同人書きの人が言っている創作についてのあれこれ(書いてるうちにこれ面白い?って不安になる、とか)を身をもって実感しました。あと知らない人から感想をもらえるってすごいことだなあと思いました。
ブログも多くのかたに読んでいただけて光栄でした。初めてスマートニュースにはてぶの項目があることを知りました。
lookmusical.hatenablog.com
lookmusical.hatenablog.com


あとは、なんと言っても10年以上の読み専をやめて夢小説が書けるようになったことが自分の中でめちゃくちゃ大きな出来事でした。わたしの個人年表があれば太字で書かれる項目でしょう。
一応このブログは月一くらいで書こうという自分なりの目標があるんですが、10月以降更新していなかったのは月一で夢小説を書いていたからです。夢小説を書いているとブログが書けない。剣を握ったままではお前を抱きしめられない……。


ということで、2019年は総括して「LDH」と「創作」の年だったかなあと思います。


2020年のホットトピックといたしましては、宙組「アナスタシア」で宝塚デビューする予定!
宝塚チケット戦争の噂は漏れ聞いているため、一般前売り抽選で取れるのかな?と不安になり宝塚ファンの友人に相談したところ、チケット取ってもらえることになりました。ありがたい。なので多分行けると思います。
幼少期から20世紀FOX作成のアニメーション映画「アナスタシア」が好きで、2018年にNYまでブロードウェイ版を観に行ったのですが、魔法描写がなくなって社会派作品になっていたのが残念だったんですよね。
宝塚版ではロマンス要素に期待しています。魔法要素の復活はなくともロマンスの増強はあるでしょう! 宝塚だし! もちろん東宝版も行くつもりです。
lookmusical.hatenablog.com

2019年はテニスとLDHばかりであまりミュージカル(この場合2.5以外という意味です)に行けていなかったので、2020年はミュージカル現場を増やしたいな。

あとは友人に誘ってもらってRAMPAGEのライブにも行く予定で、遂に作品との抱き合わせじゃないLDH本体単独の現場に入ります。楽しみ〜!

引き続き夢小説も書いていく予定で、今のところ1ジャンルしか書いていないので他ジャンルでも書きたいな。あと中編を書いてみたい。ゆるく楽しくやっていきます。

テニスの王子様4thシーズン開幕と、ハイローの次作公開発表も待ってるよ。

2019年現場メモ

1月

・1/13:ミュージカル『テニスの王子様』青学vs四天宝寺(メルパルク大阪)

 

2月

・2/14:『PRINCE OF LEGEND』完成披露上映会&PREMIUM LIVE SHOW(横浜アリーナ

・2/16昼:ミュージカル『テニスの王子様』青学vs四天宝寺TOKYO DOME CITY HALL

・2/28:唐版 風の又三郎Bunkamura シアターコクーン

 

4月

・4/23昼:キンキーブーツ(東急シアターオーブ

 

7月

・7/13昼:ミュージカル『テニスの王子様』全国大会 青学vs立海 前編(TOKYO DOME CITY HALL

・7/14昼:ミュージカル『テニスの王子様』全国大会 青学vs立海 前編(TOKYO DOME CITY HALL

・7/27夜:パパママ一番 裸の少年 夏祭り!(EX THEATER ROPPONGI)

 

9月

・9/18:HiGH&LOW THE WORST VS THE RAMPAGE FROM EXILE TRIBE 完成披露試写会&PREMIUM LIVE SHOW(幕張メッセ

・9/29夜:ミュージカル『テニスの王子様』全国大会 青学vs立海 前編(TOKYO DOME CITY HALL

 

HiGH&LOW THE WORSTはハイロー初心者にお勧め

「HiGH&LOW未履修者だけど今やってる映画を観に行って大丈夫かな?」と悩んでいるそこのあなた!
HiGH&LOW THE WORST(以下ザワ)はハイロー未履修者の入口としてめちゃくちゃピッタリだよ!という話をします。

ネタバレは無いので安心してください。

HiGH&LOW THE WORSTを観るにあたって必要な知識

まず、観る前に必要な知識だけ抑えておきましょう↓

  • ハイローは5つのチームのシマからなるSWORD地区が舞台となっており、今回はその中の「O:鬼邪高校」のスピンオフ
  • 鬼邪高校は定時制(留年を繰り返して成人ばかり)と全日制(定時に比べれば一般的なティーン・ヤンキー)の二部制で、定時の村山が番長
  • 全日の頭である轟は、以前定時の村山に挑んで負けたことがある

これだけ抑えれば大丈夫!(何なら一部は劇中で説明してくれるので大丈夫!)

あと、特に必要はありませんが、ハイローは音楽の使い方がひとつの肝なので、1回聞いておくと劇中で流れた時楽しいかもしれない。
公式が出してるトレーラー(MADみたいなもの)で聞けます。MADなので話は分からないけど、雰囲気やかっこよさも伝わるかと思います。
別に観なくても平気です。


ここに貼ったの以外にも各派閥分あるから、YouTubeで観てね。
HiGH & LOW - YouTube


ええ〜?これだけで〜?本当に〜?既存作の履修とか〜……と思う人のために、以下「初心者にこそお勧めです」という話をします。

HiGH&LOW THE WORSTはハイローの入口にピッタリ

とにかくザワを観てくれ!!!! 観てくれれば全てが分かる!!!! と言いたいところですが、頑張ってもうちょっと具体的に話しますね。

言いたいことはだいたい上記ツイートの通りです。

HiGH&LOW THE WORST(以下ザワ)が初見者にオススメの理由は大きく以下に集約されます。
①6割が新キャラ
②物語が映画の中で始まって終わる
③話の筋がわかりやすい
あとツイートには入っていませんが、
④映画としての出来がいい
の4点です。

まず一点目。
ザワの登場人物の6割が本作で初出です。メインキャラも敵キャラも大ボスもぜ〜んぶ初めまして。残りの4割のうち2割は前日譚のドラマが初出ですし、完全な既存キャラは2割もいません。
あなたが「これ誰?」と思った時、ハイローのおたくも「これ誰?」と思っています。

二点目。
ザワの物語はこの映画の中で独立しています。設定や小道具は既存の話から持ってきているんですが、メインストーリーは映画で勃発し映画で解決します。ザワこそが最初のドラマを除いて最も「新規がいきなり観ても完全に大丈夫なハイロー」と言えるかもしれません。
その上、メインストーリーの主要人物も全員新キャラです。メインストーリーの理解度に関してはハイローのおたくも新規参入者も同条件です。一緒に楽しみましょう。

三点目。
ザワは話の大筋が分かりやすいです。
高校同士の抗争プラスアルファなので、勢力図が理解しやすいんですよね。
ハイローは「全員主役」を掲げており、各キャラクターをそれぞれ素晴らしく描き出しているのですが、それだけにこれまでの本編軸ではチームの所属や因縁や人間関係などが劇場版が初見だと把握しづらい部分もありました。
その点、今回のスピンオフは構造がシンプルで本当に分かりやすい。映画だけで分かります、マジで。

四点目。
今までのハイローは「減点要素もあるけど加点で5億」みたいな感じでした。*1
対してザワは、ほんっとう〜〜〜に出来がいい。粗がない。映像がキマってる。情報の差し挟み方がスマート。それぞれのキャラクターが立っている。作品を扱う手つきが繊細。音楽とアクションがかっこいい。
今までは「刺さる人には刺さる」という切り口で勧めていましたが、映画としての出来が良いので万人に「観て!」と気軽に言えます。

以上の理由から、ザワはハイロー初心者でも観られますし、むしろハイローの入り口としてぴったりです。

ご理解いただけましたでしょうか?

それでは今すぐ観に行きましょう!
なんだか上映が減ってきている映画館もあるそうなので!
話題(わたしはハイローの箱庭から出ていないので下界の評判が客観視できないのですが、話題なんですよね?)のオタク殺しの小田島有剣はザワにしか出てないので今この瞬間がチャンス!

HiGH&LOW THE WORSTを映画館で観てほしい、気に入ったら既存作も観てほしい

もし「そのうちレンタルや配信来るだろうし、今じゃなくてもいいか」という人がいたら、悪いことは言わないので映画館で観られるうちに行ってほしいと思います。
HiGH&LOWは絶対に映画で観た方が良いです。ハイローは各チームにテーマソングがあるのが常なのですが、それがめちゃくちゃカッコイイタイミングでこれでもかと流されます。カッコイイ戦闘のバックに流れるカッコイイ音楽、絶対に映画館の音響で聞いた方がいい。ハイローは「体験」なので……。

そして、ザワを観に行った後、もし少しでも気に入ったなら、是非HiGH&LOWを履修していただきたいです。そのあとに、もう一度ザワを観てほしい。
今作はハイローを知らない人間でも充分楽しめますが、ハイローを知ってから観ると500倍楽しめます。ザワはHiGH&LOWシリーズの歴史を土台として建つ豪奢なお城なので……。ハイローを知ってからザワを観ると、ザワが如何に丁寧かつ誠実にこれまでのハイローに向き合っているのか、どれだけ骨を折ってザワを作ったのかがよく分かるかと思います。
だからって「じゃあやっぱりハイロー履修してからの方が良いのでは?」って思うかもしれませんが本当にそんなことはない! 何故ならばハイローを知らない状態の人間は、「ハイローを知らずに観るザワ」と「ハイローを知ってから観るザワ」の両方が楽しめるので!
これがどれほど素晴らしいことか分かりますか? わたしは本気で羨ましいです。初心者の特権ですよ。その上今なら映画館で「初めて」を体験できる! 羨ましすぎる!!!

ということで、是非劇場でザワを体験してきてください。

そしてザワが入口となりハイローに入門することになる方、HiGH&LOWは10年コンテンツだと公言されているので、まだまだ祭りは続きます。是非一緒に楽しみましょう。

「HiGH&LOW THE WORSTからハイローに入った人間は次に何を見れば良いの?」という話もしようと思ったのですが、長くなったのでそれはまた今度します。

*1:当然ですが、減点要素も込みでハイローのことを愛していますよ。そこがハイローの愛嬌なので。

HiGH&LOWの秋が来た(『HiGH&LOW THE WORST』感想)

秋だ! 映画だ! HiGH&LOWだ〜!!!

ということで、『HiGH&LOW THE WORST』(以下ザワ)が10月4日に劇場公開ですね!!!!!!!!!


youtu.be


多くのハイローのおたくのご他聞に漏れず、私も実質公開日*1に既に視聴済みなわけですが、これがもうとっても面白かった! twitterは実質公開日以降ずっと「明日ザワが観たい」の声で溢れています!(弊TL調べ)

ハイローの続編として、純粋なエンタメ作品として、そのクオリティに打ちのめされたので、ゼッテェ観てくれよな!という気持ちでこれを書いています! みんな、ゼッテェ観てくれよな!


以下、ネタバレ感想です。

情報量が多い

見終わってまず思ったことが、「情報量が異常に多い」です。
いや〜〜〜詰め込まれている量がすごくないですか!? 映画3本分くらいありましたよ。『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』を初めて観た時のことを思い出しました。名前もちょっと似てるね。(THEのあたり)

この情報量の多さはバトルの多さでもあります。とにかく、大興奮のバトル組み合わせがこれでもかと詰め込まれていました。逆になぜこれが124分に収まっているんでしょうか? 不思議です。ハイロー七不思議のひとつかもしれないね。(山王七不思議のオマージュです)

バトルについてですが、もうですね、開始即、村山vs轟*2をジャパランでやってくれた時点でこの映画の素晴らしさは確定されました。開始10分かそこらだったと思います。ありがとう、ありがとう……。
その他主要なバトルについてはこの次のパワーバランスの項で触れますが、それ以外だと轟vs小田島をやってくれたのがちょっと尋常じゃないくらいテンションが上がりました。塩野くんがザワに出ると聞いてからめちゃくちゃ待ち望んでいた、LDHドラマの二次元作画眼鏡*3対決だよ〜! この対決を決定した人のこれからの人生が祝福されたものであってほしい。祈っています。

あとは、ひたすら「見たいもの」が提示され続けて涙が出そうになるんですが、更にその上の予想だにしないものまで提示されてびっくりしました。まさか鳳仙のことここまで好きになるなんて予想できなかったよ。鳳仙のスピンオフを作ってほしい。スピンオフのスピンオフ。どうにかなりませんか……。

パワーバランスの描き方が繊細

これはあらゆる方面に気をつかったんだなあということをヒシヒシと感じたんですけど、とにかく「誰が1番強いか」の組み立て方が入り組んでおり、映画内で結論が出ないようになっています。

まずドラマまでの前提として、全日最強の男は轟くんです。
ドラマ版ザワで全日は抗争状態となり、司一派、中・中一派、泰清一派が誕生し、全日の頭である轟一派を含め、各派閥の戦乱状態となります。
映画ではここに楓士雄が加わり、楓士雄をトップとした全日と鳳仙の抗争が勃発します。
ここでのポイントは、楓士雄は戦闘により全日の番長たる轟を軍門に降したわけではないということです。楓士雄はあくまで友好的に轟と交渉し、協定のような形で全日共同戦線を組織します。
そして始まった鬼邪高と鳳仙の全面戦争では、鳳仙が優勢でした。
鳳仙が鬼邪高をジリジリと追い詰め、このまま……というところで、定時が介入し両校の争いは終了となります。
この場面での定時は、場の支配者として、SWORDのOたる定時の「強者」の格を見せつけていました。絵的にも、地に伏す全日・鳳仙とは対照的に定時はダンプ上の高い目線に立っており、一段高みにいることが示されていました。
また、同時に、定時の介入により決着がつかなかったことで「全日が負けた」ことにもなっていません*4。ここがメチャクチャ上手い。クローズ側を立てつつも全日の決定的な敗北を描かず、更に定時の格を担保することでSWORDの伝説性を保つの、すごいよ……。

鳳仙・全日の組織間で描かれたこの勢力図は個人レベルでも同様です。
タイマンでも全編を通してバランス調整が非常に繊細なのですが、やはり言及すべきは最後の佐智雄vs楓士雄でしょう。
鳳仙のトップたる佐智雄と全日連合のまとめ役であった楓士雄との勝負は、佐智雄の勝ちでした。ここで改めて外部ゲストたるクローズに花を持たせています。また、勝負をすることで今作品における楓士雄の主人公性を強調しています。その上、轟を勝負させず可能性の言及のみに留めることで、鳳仙を立てたまま「全日トップの轟」の格を担保して来るの、上手すぎる……。SWORDと拳を交えたことのある轟は一段上なんですよね。轟の格を担保することが間接的にSWORDの格の違いを示すことに繋がっています。こうやってSWORDの凄さを描写してもらえるの、ハイローのおたくとしてとても嬉しい。

あとは、ドラマで清史が刺され、映画で泰志が殴られたのに「泰清弱いじゃん」にならないのも描写の妙ですよね。ハイローくんにこんな繊細なことができるなんて、わたし知らなかったよ……。

過去作の拾い方が丁寧

今回の映画は過去作を踏まえた描写が非常に多く、一連のシリーズを追っていた身としてちょっと泣けてくるくらいのサービス過多でした。

まずもって、まさか今回のキーアイテムとしてレッドラムを持ってきてくれるとは思わなかった……。
ザワドラマを観た印象では、今までのハイローの文脈を踏まえながらも完全に鬼邪高にスポットを当てた全く違う軸の話が展開するんだろうなと思ったら、レッドラムですよ!
既存のアイテムをここまでがっつり使ってくるなんて予想外で、めちゃくちゃテンション上がりました。

話の筋にも随所に過去作のオマージュのような箇所が見られました。
そもそも、大筋がまんまドラマ〜ザムの展開のリプライズなんですよね。ドラマで争っていた者たちが映画では協力して共通の敵に立ち向かう、という展開。
「敵側に行ってしまったかつての仲間を殴って連れ戻す」という展開も同じです。新太と楓士雄の喧嘩のシーン、完全に「帰って来てくださいよ」「俺たち、いつまでも待ってますから」でした。
ハイローはこういう「繰り返し」が上手いし、おたくはそういうものに弱い。ありがとうございます。

キャラクターも既存のキャラクターの焼き直しのような設定があり、オッとなりました。
上田兄妹はスモーキーとララを彷彿させるシスコンと妹の構図、オロチ兄弟は「寧ろ、何故SINが流れないのか?」と疑問に思うほど雨宮兄弟ポジションでしたし、誠司に至ってはモロにノボルでした。絶望団地の希望の星、山王の希望の王冠……。

轟の成長と村山の卒業

正直、ザワドラマの時点では、轟くんの焦燥がよく理解できなかったし、村山さんが轟くんに何を求めているかも分かりませんでした。
しかし、映画で楓士雄くんが現れて2人が手を取ったことにより完璧に目が開きました。轟に必要なものは対等な友達だったんや!!!!!!!!!!!! ライバルでも舎弟でもない、対等の友達!
大人である定時に相手をしてもらうことに躍起になっていた子供たる全日の轟くんが、ちゃんと同世代の人間と絆を結べたこと、爽やかな青春の予感が感じられてすっごく良かったです。轟くんと楓士雄の友情が結ばれたことで、これからの鬼邪高自体も良い方向に向かっていくんだろうな。

一方で、村山さんの青春は卒業という形で一旦終わりを迎えます。
ハイローのメインテーマは「変化の肯定」であり、その一環としてしばしば「大人と子供」の描写が強調して描かれています。
全日に対する定時は「大人」ですが、社会という枠組みで見るとSWORDの連中は子供から大人への過渡期にいます。それは、バイト先における村山さんの描写でも示されていました。今回の卒業によりSWORDのOから離脱することで、村山さんは「大人」としての人生に本格的に踏み出します。
それは決してネガティブなことではありません。「青春の終わり」の向こう側にもキラキラしたものはあります。変わっていくことと仲間を失うことは全然違うし、変化するための挑戦がサヨナラから始まることもあるし、夢を叶えることができる大人は楽しいのです。

不満点:物語の軸

ザワは、1本のエンタメ映画としての完成度も、HiGH&LOWシリーズ作品としての情報の拾い方もメチャクチャ良い、本当に最高のエンタメです。そのほぼ唯一の不満点*5は「楓士雄の物語」だったことです。
楓士雄くんに不満があるわけではありません。ザ・少年誌の主人公!と言った雰囲気の魅力的なキャラクターです。壱馬さんの演技力が堪能できて大変ありがたかったですし、映画を通して楓士雄と幼馴染への物語に没入し、堪能させていただきました。あの映画そのものに不満があるわけではないのです。
ただ、ありがたい供給はありつつも「鬼邪高の物語」が「楓士雄の物語」のサブな印象はありましたし、やっぱりハイローのおたくとして、このクオリティの話を村山さんか轟くんを主人公でやってほしかった……という気持ちがどうしてもあります。
勿論、LDH制作である以上主役は内部から出す以外なく、メインのキャラクターが外部の役者のみで構成された鬼邪高のスピンオフがこの規模で作られたこと自体がそもそも奇跡のようにありがたい話であることは分かっています。ハイローをこの先10年続けてもらう強固なコンテンツとするにあたってもこのやり方を否定するつもりはありません。
なので、これは丸っきりオタクの駄々であり、我儘です。ごめんなさい。本当に映画そのものはめちゃくちゃ面白くて文句なしだし楓士雄くんはサイコーの主人公です!!!! 本当に!!!!!


△▼△


最後ちょっと湿っぽくなっちゃいましたが、『HiGH&LOW THE WORST』はマジでメチャクチャ面白い、「ここまで面白くて大丈夫ですか?」ってくらい面白い化け物級エンタメです。わたしは多分5回は観る。ここに書いたことだけじゃ全然言及が足りてない(主人公組のことについてはほぼノータッチだし鳳仙にも全然言及できてない)し、本当にメチャクチャ情報量が多くてメチャクチャ面白いので……。
ハイローのおたくもそれ以外も、2019年のホットコンテンツ・『HiGH&LOW THE WORST』をよろしくね!!! 映画館で会いましょう!!!

*1:LDH(EXILEの事務所)が映画を作成する際に行われるライブつき試写会の俗称。大体の場合は公開日の前月あたりに開催されるため、おたくは公開日が決まると実質公開日を逆算する。 例:「今度の映画、10月公開ってことは9月には観られるね」

*2:完全に蛇足なんですが、村山vs轟のタイマン、闘技場のクロロvsヒソカ戦っぽくなかったですか? 村山さんの役作りの一部にクロロ=ルシルフルが入っていることを考えると、結構本当に参考にしているのかもしれない……と思っています。

*3:小田島有剣自体も二次元作画眼鏡なのですが、この場合はドラマ『PRINCE OF LEGEND』の誠一郎のことを指しています

*4:HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY』のロッキーVS蘭丸を観た人間には分かってもらえると思うけど、どんなに優勢に見えても最後の瞬間までどちらが勝つか分からないからね。

*5:あとは、やっと頭を張る気持ちになった司さんにろくに見せ場が訪れることなく楓士雄がトップになってしまったことについては「それはなくない!?」とは思ってますが、司さんは幸せそうなので、わたしから言えることはないよ、ウン……。

今月のネイル(2019年9月)

半年ぶりのネイル記録でございます。
きっちり3ヶ月坊主になってたのウケますね(どっ)
この半年くらいあんまりネイル自体をしていなかったんですが、二枚爪が治ってネイル再開したのでまた記録をつけます。

9月1週目

https://www.instagram.com/p/B2HjIvops2X/
エクセルの秋ネイルが可愛くて買っちゃった。本当はマロングラッセかキャロットラペを買うつもりだったんですが、実物を見たらオーシャンフロントがどうにも可愛く見えて、かつ、普段寒色を使うと浮き気味になる自分の肌にも合うように思えて、めちゃくちゃ悩んだ末にこれにしました。
実際塗ってみると本当にわたしの肌でも浮かなくて感動。でも眺めていると「お洒落な色だなあ」という感想と「コンクリかドブの色に見えるな」という感想が交互にやってくるので、あまり似合ってはいないのかもしれません。

■使用品
Excel ネイルポリッシュ NL14 オーシャンフロント

9月3週目

https://www.instagram.com/p/B2xcsqppzMx/
3月のネイル記録に載せたものと同じです。
いつものやつ〜という感じですが、好きなんですよねえ。迷ったらこれにしちゃう。
あと、ごつい石のついた指輪をして出かける予定があったので、石の色と喧嘩しないネイルという観点で選びました。
本当は中指と薬指はギラギラのシルバーにしようかと思ってたんですけど、引っ張り出したら固まってて使えませんでした。買い直さないとな。

■使用品
・ネイルホリック GY007


9月はこれで終わりなんですけど、単色塗り2つだけじゃつまらないのでおまけ↓


https://www.instagram.com/p/Bv6GSC1h3aM/
4月に撮ってブログにまとめてなかったやつ。
肌馴染みピンクとギラギラゴールドで好きな組み合わせです。
後ろの雑草がポップな彩りを添えている。

■使用品
キャンメイク カラフルネイルズ 96、エフェクトネイルズ Z04
・パーツ類:楽天購入品


▼△▼

冒頭で二枚爪が治ったって書いたけど、あれは9月の月初のことで、月末の今また爪が割れています。もしかするとネイルが向いてないのかもしれない。